本サービスは4月30日までパイロット版として公開し、皆さんからのご意見をいただくために作られたものです。
現在登録されている情報以外の更新は行わない予定で、登録されている情報はパイロット版公開のために主だった公演を未来の会議で選定しています。

イベントを読み込み中

« 公演一覧

  • このイベントは終了しました。

COCOON PRODUCTION 2022 DISCOVER WORLD THEATRE vol.12 みんな我が子 -All My Sons-

5月10日(火)12:00 AM - 5月30日(月)12:00 AM

シアターコクーンが海外の才能と出会い、新たな視点で挑む演劇シリーズDISCOVER WORLD THEATRE第12弾として上演するのは、20世紀を代表するアメリカの劇作家アーサー・ミラーの代表作『みんな我が子』。1947年にアメリカ・ブロードウェイで初演され、第1回トニー賞を受賞。初演から70年以上の時を経ても色褪せることなく、世界中で上演され続けています。
第二次世界大戦後の一見円満そうなとある家族の葛藤と崩壊が描かれ、悲劇的なラストに至るまでにこめられた胸に刺さる台詞の数々は、今もなお多くの観客の心を揺さぶります。

本作の演出は、リモートながらも高い完成度で上演した2020年のDISCOVER WORLD THEATRE vol.9『十二人の怒れる男』から2度目の登場となるリンゼイ・ポズナー。
1991年に上演した『死と乙女』にてイギリス演劇の最高峰ローレンス・オリヴィエ賞作品賞を受賞し、多彩な現代劇作家作品の演出で評価を得ているポズナーが、ミラー作品をどのように手掛けるのか、期待が高まります。

出演者には、家族のためにただひたすらに生きる父ジョー・ケラーに、DWT vol.1『るつぼ』から5作目の出演となり、舞台に留まらず、ドラマ・映画と映像でも作品ごとに独特の存在感を放つ堤真一。戦争から戻らない次男ラリーの無事を信じ、家族を愛する母ケイトに、舞台・ドラマ・映像で女優として活躍、近年はアーティスト活動も再開し2021年に開催したコンサートも大成功させた伊藤蘭。ケラー家の長男クリスに、2021年に長年活動してきたアイドルグループV6の解散という人生の大きな選択から、新たな俳優人生の第一歩として2年ぶりの舞台出演となる森田剛。ラリーの婚約者アンに、本格的な舞台には劇団☆新感線の『月影花之丞大逆転』に続き2作目、近年活躍目覚ましい若手女優・西野七瀬。アンの兄ジョージに、シリアスからコメディまで多彩な役を演じ分ける実力派俳優・大東駿介。そして、ケリー家の隣人ドクター・ジムに、『十二人の怒れる男』にてポズナーが信頼を寄せるベテラン山崎一ら豪華キャストが集結。
文化や言葉の壁を乗り越えて、上演され続ける家族の物語が、2022年5月に再び幕を開けます。

詳細

初日:
5月10日(火) 12:00 AM
千穐楽:
5月30日(月) 12:00 AM
公演カテゴリー:
公演公式サイト:
https://www.bunkamura.co.jp/s/cocoon/lineup/wagako2022.html

製作・主催

Bunkamura
主催者 Website

その他

出演者名:
堤真一、森田剛、西野七瀬、大東駿介、栗田桃子、金子岳憲、穴田有里、山崎一、伊藤蘭
スタッフ名:
作:アーサー・ミラー 翻訳:広田敦郎 演出:リンゼイ・ポズナー  美術・衣裳:ピーター・マッキントッシュ 照明:勝柴次朗 音楽:かみむら周平 音響:友部秋一 ヘアメイク:佐藤裕子 美術コーディネート:大島広子 衣裳コーディネート:沼田和子 演出家通訳:時田曜子 美術家通訳:池田治樹 演出助手:川名幸宏 舞台監督:幸光順平
当日券の有無:
発表前
割引チケット:
学割無し
ミラチケ:
ミラチケ非対象
アクセシビリティ:
発表前・不明
託児サービス:
発表前・不明
未就学児童鑑賞:
発表前・不明
車椅子来場:
車椅子来場可能

会場

Bunkamura〔シアターコクーン〕
東京都
渋谷区道玄坂2-24-1Bunkamura シアターコクーン, 東京都 150-8507 日本
+ Google マップ
お問い合わせ先:
03-3477-9111
会場 Website

本サービスは4月30日までパイロット版として公開し、皆さんからのご意見をいただくために作られたものです。
現在登録されている情報以外の更新は行わない予定で、登録されている情報はパイロット版公開のために主だった公演を未来の会議で選定しています。