本サービスは4月30日までパイロット版として公開し、皆さんからのご意見をいただくために作られたものです。
現在登録されている情報以外の更新は行わない予定で、登録されている情報はパイロット版公開のために主だった公演を未来の会議で選定しています。

イベントを読み込み中

« 公演一覧

  • このイベントは終了しました。

THE 39 STEPS ザ・サーティーナイン・ステップス

5月1日(日) - 5月17日(火)

イギリス冒険小説の先駆者ジョン・バカン原作小説「三十九階段」(1915年)
サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督「三十九夜」(1935年)
この2つの作品を基に舞台化された「THE 39 STEPS ザ・サーティーナイン・ステップス」は、2006年ローレンス・オリヴィエ賞の最優秀コメディー賞を受賞、その後はブロードウェイにも進出し、トニー賞にもノミネートされました。原作の名前を聞けば当然極上のサスペンス・・・とおもいきや!そこはシェイクスピアを生み、ユーモアを愛する国イギリス発の演劇につき、観客の想像力を頼りに、緻密かつユーモアにあふれた唯一無二の演劇が、縦横無尽に繰り広げられます。

キャストに迎えるのは、今年2022年はミュージカルデビュー10周年の節目を迎え、この舞台が“単独初主演”となる平方元基と、謎の女スパイのアナベラほか、マーガレット、パメラの3役のヒロインに扮するソニン。日本のミュージカル界屈指の歌唱力と実力を誇る2人が、演劇の枠を超えた、抱腹絶倒のハイパーコメディーに挑戦いたします。そして本公演の見どころの一つである“クラウン(道化)”を務める2人は、怒涛の135役を瞬時に演じ分けながら、舞台上のセット転換や小道具のセットもこなす超ハードかつ、劇の進行における重要なポジションも担います(後日発表予定!)

本作の上演台本・演出を手掛けるのは、演劇界における新しいムーブメントの旗手であり、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』(演出・脚本)、シアタークリエ『SHOW BOY』(原案・演出)など多彩な演劇を作り続けながら、東京2020パラリンピック開会式の演出など、そのマルチな活躍が目覚ましいウォーリー木下。全編にわたって生バンドの演奏も加えることで、音楽の力も駆使して観客をウォーリー木下の演劇世界に引き込みます。その音楽を氏に任されるのが、アコーディオン、チェロ、ギターのトリオ編成で現在注目のインストゥルメント(唄のない)バンド“ザッハトルテ”が全公演、生演奏いたします。

演劇と音楽の絶妙なコラボレーションも堪能いただける、“出演者4人だけのMUSIC&PLAY”。

劇の幕が下りた後も歌と音楽がお楽しみいただける趣向もご用意して、お客様をお迎えいたします♬ ご期待ください

詳細

初日:
5月1日(日)
千穐楽:
5月17日(火)
公演公式サイト:
https://www.tohostage.com/the39steps/

製作・主催

東宝
主催者 Website

その他

出演者名:
平方元基 ソニン
スタッフ名:
脚色:パトリック・バーロウ  原作:ジョン・バカン作「三十九階段」  原作映画:アルフレッド・ヒッチコック監督「三十九夜」ITVグローバル・エンターテインメントの許諾による  翻訳:小田島恒志  上演台本・演出:ウォーリー木下
当日券の有無:
発表前
割引チケット:
発表前・不明
アクセシビリティ:
発表前・不明
託児サービス:
発表前・不明
未就学児童鑑賞:
未就学児童鑑賞不可
車椅子来場:
車椅子来場可能

会場

シアタークリエ
東京都
千代田区有楽町1-2-1, 東京都 100-0006
+ Google マップ
お問い合わせ先:
03-3591-2400
会場 Website

本サービスは4月30日までパイロット版として公開し、皆さんからのご意見をいただくために作られたものです。
現在登録されている情報以外の更新は行わない予定で、登録されている情報はパイロット版公開のために主だった公演を未来の会議で選定しています。