本サービスは4月30日までパイロット版として公開し、皆さんからのご意見をいただくために作られたものです。
現在登録されている情報以外の更新は行わない予定で、登録されている情報はパイロット版公開のために主だった公演を未来の会議で選定しています。

イベントを読み込み中

« 公演一覧

  • このイベントは終了しました。

ラ・カージュ・オ・フォール

4月29日(金) - 5月1日(日)

『ラ・カージュ・オ・フォール (La Cage aux Folles)』は、1973年のジャン・ポワレ作のフランスの劇として誕生し、ストレートプレイとして仏演劇史上最長のロングランを記録した。その後、1978年に初めてフランス・イタリア合作で映画化され(邦題「Mr.レディMr.マダム」)大反響を起こし、1996年にハリウッドで「バードケージ(The Birdcage)」としてリメイクされました。

ミュージカル版は、アーサー・ローレンツ演出、スコット・サーモン振付によって、1983年8月21日パレス・シアターで開幕。全1,761回の公演を行った。この初演で、トニー賞6部門、ドラマ・デスク賞3部門を受賞するというセンセーショナルを巻き起こした。その3年後の1986年5月7日にロンドン・パレイディアムで開幕。ウエストエンドでも約8カ月間(全301回)のロングランを達成。

そして、2004年12月9日ブロードウェイのマーキース・シアターでジェリー・ザクス演出、ジェリー・ミッチェル振付でリバイバルされ、全229回の公演を行い、再びトニー賞2部門、ドラマ・デスク賞2部門を受賞。さらに2008年にはロンドン/ウエストエンドでも開幕し、オリビエ賞『ベスト・リバイバル・オブ・ミュージカル』受賞、2010年にはブロードウェーで2度目のリバイバルとなり、トニー賞史上初の2度目の「ベスト・リバイバル・オブ・ミュージカル」受賞という快挙を成し遂げた。

日本では1985年、青井陽治演出、リンダ・ヘイバーマン振付で近藤正臣のザザ、岡田真澄のジョルジュのカップルで初演。その8年後の1993年から市村正親の当たり役のひとつとして上演を重ねてきた。そして2008年からはジョルジュ役に市村の劇団四季時代からの盟友・鹿賀丈史を迎え、「ラ・カージュ」史上最高のコンビとして、2008年、2012年、2015年、2018年公演とも、初日から千穐楽まで連日のスタンディングオベーションという大成功を収め、今なおその人気は衰えを見せない。

●全国公演
東京公演:2022年3月8日(火)~3月30日(水)
名古屋公演:2022年4月9日(土)・10日(日)
富山公演:2022年4月16日(土)・17日(日)
福岡公演:2022年4月22日(金)~25日(月)
埼玉公演:2022年5月7日(土)・8日(日)

詳細

初日:
4月29日(金)
千穐楽:
5月1日(日)
公演カテゴリー:
公演公式サイト:
https://www.tohostage.com/lacage/

その他

出演者名:
ジョルジュ 鹿賀丈史 ザザことアルバン 市村正親 ジャン・ミッシェル 内海啓貴 アンヌ 小南満佑子 ハンナ 真島茂樹 ジャクリーヌ 香寿たつき エドワール・ダンドン 今井清隆 マリー・ダンドン 森公美子 他
スタッフ名:
作詞・作曲:ジェリー・ハーマン 脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン 原作:ジャン・ポワレ 翻訳:丹野郁弓 訳詞:岩谷時子・滝弘太郎・青井陽治 演出:山田和也 オリジナル振付:スコット・サーモン
当日券の有無:
発表前
割引チケット:
発表前・不明
アクセシビリティ:
発表前・不明
託児サービス:
発表前・不明
未就学児童鑑賞:
未就学児童鑑賞不可
車椅子来場:
車椅子来場可能

会場

梅田芸術劇場〔メインホール〕
大阪府
大阪市北区茶屋町19-1, 大阪府 530-0013 日本
+ Google マップ
お問い合わせ先:
06-6377-3800
会場 Website

本サービスは4月30日までパイロット版として公開し、皆さんからのご意見をいただくために作られたものです。
現在登録されている情報以外の更新は行わない予定で、登録されている情報はパイロット版公開のために主だった公演を未来の会議で選定しています。