​伊礼彼方 Kanata Irei

理事

コメント

一般社団法人「未来の会議」の理事に就任しました伊礼彼方です。偉そうな肩書きに就きましたが、あくまでもシンプルに俳優目線で多くの方々の意見に耳を傾けて丁寧に拾い上げて舞台芸術に貢献していきたと思います。

 

去年の4月、コロナ禍で立ち上がった基金団体がこうして一般社団法人として新たに形を変えてスタートしていく事にとても喜びを感じておりましたが、その喜びも束の間。
昨年の緊急事態宣言に引き続き、まさか今年も新年早々新たに宣言が発令されるとは思いもしませんでした。


世界情勢が大きく揺れている中、果たして舞台芸術の未来はどうなっていくのか?
どう立ち回ったら良いのか?
発展していけるのか?
考えれば考えるほど不安が募ります。

 

現にまた多くの演目が中止を迫られ、沢山の演者スタッフが頭を抱えています。

ワクチンを予防摂取して抗体が出来ればそれで解決なのか?
そんな事はありません。

 

次いつ別の事態が起きるか判りません。
 

その時また同じ事が繰り返されないように我々は舞台芸術を守るために準備をしていく必要があると思います。

 

「未来の会議」はその準備のお手伝いが出来たらと思っています。
3本柱を基本方針に「未来の会議」の一員として、舞台芸術に関わる全ての方、そして舞台芸術を支えて下さるファンの皆さま、双方にとって優しい・支えになるようなカンパニー作りを目指して邁進していきます。どうぞよろしくお願い致します

  • ​プロフィール

俳優。株式会社KANATA LTD.代表。

沖縄出身の父とチリ出身の母との間に生まれ、幼少期をアルゼンチンで過ごす。中学生の頃より音楽活動を始め、2006年『テニスの王子様』で舞台デビュー。08年『エリザベート』ルドルフ役に抜擢され、以降、ジャンルを問わず多数のミュージカル、ストレートプレイ等で多彩な役柄を演じ幅広く活躍中。主な出演作に、舞台:『レ・ミゼラブル』『ジャージー・ボーイズ』など。昨年藤井隆プロデュースで初のミュージカル・カバー・アルバム「Elegante」をリリース。2021年は3月に小劇場楽園にて『ダム・ウェイター』、5月よりミュージカル『レ・ミゼラブル』(ジャベール役)出演予定。

伊礼彼方 2019.jpg