宋元燮 Song Wonsup

​代表理事

  • コメント

​コロナの状況がなかなか好転しない中、今切実に必要なのは目の前の危機を乗り越えるための仕組みなのかも知れません。ですが、敢えてもう少し先、もっと先の事を見据えたいと思い、社団法人の最初の方向性を定めてみました。目の前の事にも目配りをしつつ、長く続けていけるプロジェクト作りに努めていきたいと思います。

  • ​プロフィール

conSept合同会社代表。

映像コンテンツと舞台公演の企画プロデュースを主業務としている。

映像コンテンツにおいては4K、AR、VRなどのハイエンド技術を活用したテレビ番組やプラネタリウム向けコンテンツ、アプリ、サイネージなどを手掛ける。

舞台公演はミュージカルを主とし、年2〜3本のプロデュース公演を実施。

これまでのプロデュース作に『グーテンバーグ・ザ・ミュージカル』『深夜食堂』『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』『HUNDRED DAYS』『Fly By Night〜君がいた』などが有り、2019年4月にシアタートラムで上演されたオリジナル作品『いつか〜one fine day』は大きな話題を呼んだ。3月に初となるストレートプレイ『サイドウェイ』が控えている。

Simple、Small but Specialをテーマに小規模で簡素でも特別なものをお届けする事を目指している。