〜舞台芸術・エンタメに関するポータルサイト〜

わたしと舞台芸術
嶽本あゆ美

読む

1・あなたの名前は?

嶽本あゆ美

2・あなたの職業は?

劇作家・演出家・プロデューサー・講師

3・主に活動しているジャンルは?

ミュージカル, ストレートプレイ, 小劇場作品, 古典芸能ほか

4・プロフィール写真をアップしてください

5・子供のころ成りたかったものは?

お話を作る人になりたかった。本ばかり読んでいました。登下校中に本を読みながら田んぼに落ちたことがあります。

6・駆け出しのころ役立ったアドバイスは?

「初めての観客の耳でセリフを聞け!」 浅利慶太氏に1989年頃

7・あなたのモットーは?

人生に無駄な経験は何一つない。(保育園のシングルマザーのママ友から人生の教訓として)

8・仕事がうまくいったと感じるのはどんなとき?

上演から数年経ってから観客から「ありがとう!」と言われた時。アイバンク啓発ミュージカルを観た観客が、角膜バンクへ登録してくれた時。

9・自信をなくしたりスランプなときの立て直し方は?

①大声で「夢やぶれて」をドラマクイーンになって歌う。
②「絶望も希望も虚妄である」という言葉を100回つぶやく。
③それでも駄目なら、美味しいものを食べて寝る。

10・10~20年前の自分に教えてあげたいことは?

「あなたはそれほど悪くないし、ラッキーなのよ」
理由・何度も挫折したけれど、全てはある方向に繋がったから。

11・影響を受けた舞台芸術体験は?

子供の頃にNHKテレビで観たベジャールの「ボレロ」。高校時代の文化祭でのオペラ「魔弾の射手」

12・1日が3時間増えたら何をする?

読書。一生かかっても本は読み切れないから。

13・これから成し遂げたいと考えていることは?

頭の中にある沢山のドラマを上演する。理由は人生は長いけれど短いから。

14・この仕事をしていなかったら何をしている?

考古学者か古生物学者、遺跡を掘っていたでしょう。土器やアンモナイトが好きだから。

15・あなたに安らぎを与えてくれるものは?

緑茶 静岡県生まれなので生まれた時から

16・お気に入りの写真を1枚アップして

門真国際映画祭2021の授賞式会場。コロナでピンチ!が舞台映像作品の受賞につながりました。13年間この舞台「太平洋食堂」に凄まじい数の人が携わって歴史のタブーに挑戦しました。演出は藤井ごうさん。めぐり逢いに感謝。優秀助演女優賞の明樹由佳さん、撮影監督の泉邦昭さんと共に。

有難う!有難う!天国やPure landの皆さんにも感謝!

17・SNSやHPなどの情報を公開したい方はどうぞ

メメントCの世界
メメントCホームページ

ページの
トップへ